Works

先週、2週間を過ぎたところで干し柿を揉んでみました。

表面は固く皮をはっていましたが、中はまだトロトロに柔らかい感触。

いつ食べらるのかな??

きっとその年の気候や温度だったり、色んなものに左右されるので
誰も断言できないのでしょう。

昨日の朝、出社すると明らかに先週の金曜日と違う。
いきなり色が黒くなった。なぜ?
腐った雰囲気はないけれど、においは干し柿のにおい。

今日で干し始めてちょうど3週間。
試しに一個割って食べてみることにします。

下から食べる分だけ切る。

売っている干し柿はみんなチョットくすんだオレンジ色。
ドキドキするよー
ほんとやめて下さい中から虫が出てくるとか。笑

触ってみるとまだ柔らかい。

切ってみると中心部分はまだトロトロで
外側もそんなに固くない。半熟たまごみたいです。

気になる味は、とても甘い。渋は抜けているみたいです。
でもまず渋柿を食べたことがないってことに気づきました。
最初に食べておけば良かったですね。

こんなねっとりと柔らかい干し柿は、お店では買えないです。
ぜひ手作りして特別な食感を味わってみて下さいね。

柿はそのまま吊るしたままにしておきます。

保存するにも吊るしておいた方がいいそうです。
春まで吊るして大丈夫。変化していく干し柿の味も楽しめます。

家の中に入れると、カビが生えたりガチガチに乾燥しすぎたり
問題が多いので吊るしたままにして
食べる時に下から切っていくのが理想です。

レアのまま保存したい場合は一個づつラップして
冷凍するのがいいみたいですよ。

今後はどんな味、食感に変化していくのか楽しみ。
お料理にアレンジするのも楽しいですね。
今のところ天ぷらにしてみる話などで盛り上がっています。

レアの干し柿を食べてみたら、そのまま生ハムで巻いて食べるのも
美味しそうだな~って思いました。

みなさんも色んなアレンジを楽しんでみて下さいね。

■干し柿作りまとめ

Locolle|ローコレサイトバナー